線維筋痛症&片頭痛&リウマチ性多発筋痛症

September 13, 2010

天気予報

 9月に入っても相変わらず30度越えの日が続いている。この間台風が来た日に一瞬涼しくなったが、「秋はいつ来るの??東京の紅葉は12月?ひょっとして1月?」と、つい眉をひそめたくなるよな気温だ。

 今日は午後から頭痛がしだして、カフェイン入りのサプリメントを飲んでも治まらなかったので、ナウゼリンとマクサルトを服用した。

 夜、突然雷鳴がしてスコールのような土砂降りになった。雨は短時間で止んだが、天気図を見たら前線が次々に通過して行ったようだ。

 前線が通過する時は、必ずと言っていいほど頭痛になる。頭痛になりそうか予測する為に、気圧計の付いた温度計を買おうかと思った事が有るが、例えば1000ヘクトパスカル以下になると頭痛がすると言うように絶対的な(低)気圧で頭痛が起こると言うものでもないらしい。むしろ相対的に低気圧とか前線通過とかで頭痛が誘発されるようだから気圧そのものよりも、天気図を見て確認するほうが確実そうだ。

 天気図も見られる気象庁のサイトをお気に入りバーに追加しとこうっと!

 

 

February 19, 2009

どうやら効いてるみたい

 先日片頭痛対策の為、バルトレックスと言う抗ウイルス薬を一週間服用した。水痘帯状疱疹ウイルスが片頭痛に関係有るという考え方からだが、その後時々側頭動脈の辺りが痛くなる事が有ったが、早目の薬の服用でひどい頭痛にまではならずに済んでいる。3週間ぐらいひどい頭痛が出ていない勘定だ。バルトレックスは片頭痛対策に一定の効果が有った様だ。

 線維筋痛症の痛み対策を目的として処方して頂いたノイロトロピンも、服用後一週間ぐらいから、背中の痛みがスッと遠のいた感じで、なにやら効いているみたい。

 素人の戯言だが、厚生労働省はもう一寸早くこういった薬の認可をすべきじゃないだろうか?薬害の責任を取りたくないから認可の手続きを厳しくして、アメリカやヨーロッパの患者で試して事故が起こらない事を確認してからやっと認可するって感じに映るんだけど・・・。

 「退職後、無くても困らないような関連社団法人に天下り高い退職金を貰うまでひたすら保身」と言うイメージが有る官僚だが、もうちょっと人の為天下国家のために働く気概の有る人が高い地位に就けないって言うのは、やっぱり何処かが間違っているよね。

February 05, 2009

ノイロトロピン&メチコバール

 先週、バルトレックスを処方して頂き一週間真面目に飲んだが、その後目立った片頭痛は出ていない。今日、水泳教室で脈が上がってきた頃、こめかみの側のいつも痛くなる血管が痛み出したが、暫く指で押さえていたら治まった。

 片頭痛は出なかったのだが、全身の痛みはここ一週間、とてもひどくて、なかなか寝付けなかった。思い返せば昨年の冬も体の痛みが増して最悪だったが、今年は何か対策を考えようと思い、先週バルトレックスを処方して頂いた神経内科に行って相談して来た。

 片頭痛に関しては、次にバルトレックスを使うとしたら少なくとも3ヶ月、出来れば半年空けて欲しいとのこと。

 線維筋痛症の痛みについてついても相談したのだが。メチコバール(ビタミンB12)とノイロトロピンを処方して頂いた。

 ビタミンB12は、自分でも以前サプリメントを買って飲んでいたことがある。末梢神経障害に効果が有るようだ。また、ノイロトロピンは、ワクシニアウイルスをウサギの皮膚に投与したときにできる炎症部分から抽出した物質で、「痛みを感じる部分には痛みを止める成分もあるのではないか」という考えから見つかった薬らしい。様々な化合物の混合物で、ノイロトロピンの鎮痛作用の原因である成分はいまだ特定されていないようだ。

 ともあれ、一ヶ月これらの薬を服用してみて様子を見ることになった。

 夕方、処方された薬を飲んでみたところ、背中の疼痛は軽くなった(腰はまだ痛い)。一ヶ月続けてみて、効果が薄かったら、今度はトピナ(抗てんかん剤で、海外では片頭痛予防薬としても使われているらしい)+リボトリール(やはり抗てんかん剤でトピナの効果を高めるのに使うらしい)を試してみる戦略だ。

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

管理人にメールを出す


  • 下のAbot↓をクリックして下さい。 自己紹介欄にメールアドレス載せました。

低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症・むち打ち