September 13, 2005

やっぱり凄かった!スピカ天体望遠鏡

 先日作った天体望遠鏡キット、生憎天気が悪く天体観測はおあずけだったのだが・・・昨日は見事な半月。雲も無く絶好の観測日和だった。公文から帰った次男を促して早速望遠鏡をセットさせた。

 暫く望遠鏡をいじっていた次男、「なんか光るものがぼうっと見えるだけだよ。」学習雑誌の付録の望遠鏡で懲りたのかつまらなさそうに言っている。「そんな筈は無いんじゃない?」と言い、晩御飯を作る手を止めベランダに出て望遠鏡を合わせ直した。

 暫く苦戦した後、ちゃんと月を捕捉することに成功。ピントを合わせて見てみた。すると・・・、おお、ちっちゃな芥子粒ぐらいのクレーターまで何とはっきり見える事か!次男に代わると次男もビックリ仰天。「お母さん、クレーターがあんなにいっぱい見えるよ!凄い凄い!」と感激している。

 この感激を誰かと分かち合わない手は無い。(笑)早速同じマンションの同学年の友達に電話をして部屋に来て貰い、急遽月面観測会が始まった。

 次男は学習雑誌C、同じマンションの次男の友達は学習雑誌Kをとっているのだが、理科で天体の事を習う為か、8月号の付録はどちらも天体望遠鏡だった。

 実は夏休みが始まってすぐの頃の晴れた夜、やはり二人で天体観測会をしたことがあった。お互い雑誌の付録の望遠鏡を持ち寄って月を見てみたのだが、どちらも同じように良く見えない。月のクレーターもぼんやり黒いところと黄色っぽい所が有る程度にしか見えない。何だかひどく落胆したので、それなら本物の天体望遠鏡を買おうと思い立った。

 始めは、コンピューターで位置を計算して見たい星を探し出してくれるオートスター付きの

ミードなんか初心者向けでいいんじゃないかと思ったのだが、すぐに飽きてしまいクローゼットの中でレンズにカビを生やしたりするのは教育上も良くないんじゃないかと思い、散々迷った挙句、10分の1以下の値段の手作りキットの方を購入する事に決めた。丁度申し込んでいた足立区の天体望遠鏡作りも外れたことだし、それなら家で作ろうと決心が付いたのだ。

 次男は友達に、「この望遠鏡紙製なんだよ!何か凄いね!!」と言っている。友達も小さなクレーターまで見える事にいたく感激して帰って行った。

 日本製品、3000円以下でこんなに凄いのが有る。本当に凄い!同じ会社が出している手作り望遠鏡キット、高級機種が有る様なのだが、スピカを堪能したらそちらの方にも挑戦してみたいなぁ。

 

 

 

September 11, 2005

おお!スピカ天体望遠鏡

 夏休みが始まる前、自由研究を何にするか悩んでいた次男に「天体望遠を作ってみたら?」と持ちかけ、足立区の手作り天体望遠鏡教室に応募してみたのだが・・・、見事に落選。実はこう言った夏休みのイベント、昨年も葛飾区や江戸川区主催のものに応募したのだが、今まで当たったためしが無い。東京は人口が多過ぎるのだ。

 仕方なくネットで色々検索して、評判の良さそうな手作り望遠鏡キットを探してみた。色々探して目を付けたのがこれ。税込みで2625円、送料を入れても3000円一寸と言う金額はぎりぎり許せる範囲だろうと判断して、早速購入した。

 当初は星の写真に解説を付けた写真集とこの望遠鏡を自由研究の作品として提出するはずだったのだが、夏休み、忙し過ぎて望遠鏡の方は作らずじまいになっていた。

 それでも諦めの悪い次男、クラスでの自由研究の発表会が終わっても、先生に遅れた人の発表の延期を頼んだらしい。どうしても今日作って月曜日に持って行きたいと言うので、先程まで嫌々手伝っていた。

 キットの方は、説明書の漢字が小学校中学年には一寸難しいが、それさえクリアすれば大人の一寸した助言と手伝いで作れる程度の難易度。1時間もしないですぐに完成した。

 ・・・で早速月でも見ようと思ったが、第一月が出ている時間ではない。それに今日は曇り空で星も全く見えない。どうしようか~?と思案した後、ベランダから7~800m離れたタワービルを見てみることにした。

 実は次男がおまけの付録が目当て定期購読をしている学習誌の8月号だかの付録も天体望遠鏡だったのだが、こちらの方は月のクレーターも「何だか黒っぽい所が有るな~。」程度にしか見えなかったので、あまり過大な期待はしまいと思い、恐る恐るピントを合わせたのだが・・・。「えっ!こんなにはっきり見えるの?」と、正にビックリ仰天。遠く離れたマンションの手すりの一つ一つまで何とはっきり映っていることか!正に目から鱗とはこの事だと思った。

 「高層ビルでもカーテンはちゃんと閉めといたほうがいいな。」と一瞬思ったのは言うまでも無い。

 いやぁ~日本製品もまだまだ捨てたもんじゃない。町工場の技術はまだまだ高い評価を得ている日本製品だが、子供用のキットでも結構いいレンズを使っているんだろうなと思った。

 晴れた夜に天体観測をするのが楽しみだ。

DSC07819

コルキットのスピカ天体望遠鏡を

KonicaのDASHVT-315に取り付けたところ

(輪ゴムは接着剤が乾いていない為に巻いてある)

 

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

管理人にメールを出す


  • 下のAbot↓をクリックして下さい。 自己紹介欄にメールアドレス載せました。

低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症・むち打ち