頭痛

October 14, 2012

今日は頭痛はましだった

今日は久し振りで吐き気とひどい頭痛には悩まされずに済んだ。

この頃起きてじっとしている時に、気が付くと時々呼吸が止まっている。秋草のアレルギーかな~?

October 13, 2012

易疲労感

頭痛・吐き気・易疲労感で埋没してました。痛みと吐き気に耐えるのはこれ以上無理と思いつつ長い年月が経ってました。

October 12, 2012

頭痛吐き気ひどく憂鬱

毎日頭痛で寝ていると、眠りに落ちてこのまま目覚めないと良いのにと思う日々。

June 03, 2009

子供の片頭痛(自分用のメモとして)

 私もひどい片頭痛なのだが、2~3年前から特に頻繁に頭痛を訴えていた次男、この頃は前兆現象の「閃輝暗点」や、「異痛症(アロディニア)」らしい手の痺れまではっきり現れるようになって、どうやら間違いなく片頭痛持ちであることが分かった。

 近くの神経内科の先生にナウゼリンとイミグランを処方していただいていたのだが・・・、どうもイミグランは効きが悪いらしく、私が使っていたマクサルトやゾーミッグRM錠の方が良いという。仕方なくマクサルトの処方に替えていただいたのだが、それでも頭痛を回避できず辛い思いをしたらしく、イミグランの自己注射は出来ないか相談したいというので、今日クリニックに連れて行った。

 先生のお話では、子供の場合特にイミグランの自己注射は最後の砦と考え、まずは錠剤→点鼻薬→注射の順番で試した方が良いのではないかと言う事。

 前兆の吐き気が起こった段階で、ナウゼリンを服用するとそれだけで頭痛を回避できる確立が上がるので、馬鹿にせずにナウゼリンを飲むこと。部活中などに頭痛が起こった場合は無理して続けると反って頭痛を長引かせる結果になりがちなので、すぐ止めて家に帰り、頭を冷やして休んだ方がいいこと等のアドバイスを頂いた。

 今日は予防薬としてシングレアというアレルギー(+喘息)の薬を貰って来たのだが、これが効かない場合他の喘息の薬、それでも駄目ならカルシウム拮抗薬など血圧を下げる薬を使うようだ。

 頓服としてナウゼリンとトリプタン製剤マクサルトを今日は処方していただいた。先日脳のMRIも撮ったのだが、癲癇などの傾向がないか調べるのか今度は夏休みにでも脳波の検査をする予定だ。

 ただでさえ部活と勉強の両立が出来ずに困っているのに、何だかため息が出るなぁ。

January 28, 2007

瓢箪から駒?

 「瓢箪から駒」って言うのとは一寸意味が違うかも知れないが、チョコレートと片頭痛の関係をもっと詳しく調べたいと思い、片頭痛の誘発因子という名前の瓢箪を振ってみたら、思いがけず「アスパルテーム(アスパルターム)」と言うキーワードが出てきた。

 赤ワインやチーズ、チョコレートなどと並び、アスパルテーム等の人口甘味料も、片頭痛の誘発因子となる場合が有るそうなのだ。

 そう言えば、朝はコーヒーにパルスイ--トと言うダイエットシュガーを入れて飲んでいるし、(こちらはその成分表)↓
:

Img_2226_1

 

:

 おなかが空いたのをごまかす為によくダイエットコーラも飲んでいる。(私が良く飲んでいるダイエットコーラの成分表)↓

Img_2221

:

:

: やっぱり人口甘味料はなるべく控えた方が良さそうだ。

 代替品を探さないといけないのだが・・・、羅漢果なんて物も有ったっけ確か。

 

November 01, 2005

頭痛日記つけるべきかな?

 昨夜は軽い頭痛で一旦夜中に目が覚めてしまった。TIMEでジェンキンスさんの本「告白」に書かれている内容が含まれる記事を見付けたので、ワードに貼り付けて一寸加工してから印刷して、それを持ってぬる目のお湯にゆっくり入った。

 TIMEの記事、英字新聞よりは読み易いのが多いので、風呂で読むのにはぴったりだ。解らない単語が有るといらいらするので、一応小型の電子辞書を持って風呂に入り、風呂蓋の上に置いて読んだのだが、あまり難しい単語は使われていなかった。この記事、"From Hell With Love"と言うタイトルで、小難しい事も書いていないし、結構面白いからお勧めだ。ジェンキンスさんの今の状況を象徴的に表わしている哀愁を帯びた表情の写真も実にいい。

 記事を読みながら暫くぬる目のお湯につかっていたら眠くなった。

 布団の中で一晩中すっきりしない頭痛に悶絶して、何回も寝返りを打ったような記憶が有るが、朝も頭痛と胃の痛みで目が覚めた。

 首筋から頭の右半分の表面近くが数秒おきに間欠的に痛くなる。低周波治療器にも暫くビリビリと来て数秒休むモードが有るが、丁度そんな感じかな?

 痛い時には思わず「イタタタ」と声が出るぐらい痛かったのだが、神経痛か頭痛か判別出来なかったので、これ以上胃を荒らさない為に、コップ一杯の牛乳を飲んでからロキソニンをのんで、首筋にシップを貼った。その後コーヒーを淹れ、マグカップ一杯分飲んだら、途端に激しい頭痛が治まった。

 ロキソニン、湿布、コーヒーのカフェイン、どれが効いたのか判然としないが、コーヒーを飲んだら直後に痛みが治まったから、やっぱりコーヒーかな?

 再発予防に、マグネシウム摂取目的で、にがりを水で薄めた物と、ビタミンBの錠剤、Feverfew(ナツシロギク)のカプセルを飲んでおいたのだが、効くかな~?

 頭痛に関するサイトは山ほど有るし、気が向いた時に読んではいるのだが、頭痛日記を付けてホルモンや気象等との関連性もチェックしといた方が頭痛が起こりそうな日の予測が付け易くなるかな?面倒だな~。

 最近は体重をExcelにつけているから、頭痛日記もExcelに記録しとくと楽かな?それにしても、項目を分類してタイトルを考えるのが面倒だ。

__________________________________________________________________________________

今日の頭痛、ここを見ていたら、「後頭神経痛は、緊張型頭痛、頚椎症、むちうち症にも続発あるいは合併する。」とありました。 触るとぴりぴり感が有るので、どうやら後頭神経痛のようです。

October 17, 2005

やれやれ頭が痛い。

 東京は今日も断続的に小雨が降っている。気象庁のホームページで確認すると昨日は気圧が低かったようだが今日は1016hPa以上あるようだ。気圧が低くないにもかかわらず今日も相変わらず頭が痛い。

 一度頭痛になると、頭が痛い→何もしたくない→横になる→変な時間に寝る→過眠→片頭痛 と言うパターンになって、それが悪循環になるから始末が悪い。

 今日も、次男が、公文から帰ってきて、速攻で布団にもぐりこんだので、隣に寝てちょっかいを出していたら、散々五月蝿がられた。私も隣に寝ているうちに、1時間ぐらい寝てしまったのだが・・・、また夢と頭痛で目が覚めた。

 夢の中で、シューベルトの「鱒」とあともう一つはショパンのワルツだったかな?が流れていて、深夜に誰かがマンションでピアノを弾いているらしいと言う何だか妙に現実的な設定の夢だったのだが・・・。

 起きてリビングを確かめに行くと、マンションのリビングで、泊まっている知人がうたた寝しながらレコードを聴いていた。

 この辺から現実だか非現実だか判らなくなる。

 こういう類の夢を見ると、後の気分がどっと落ち込む。非現実の中に入り込んでそのままお陀仏となったら、いっそ目出度いかもしれないが、そう言う訳にもいかないのが辛いところだ。

 信長が好んだと言う「敦盛」ではないが、平家物語の時代から明治初期ぐらいまで、人生は50年と言うのが定番だったようだ。昔だったら、役に立たなくなったら姥捨て山に捨てられて、1~2日で凍死出来たのかもしれないが、現代はそういう訳にもいかない。

 自分で実行しようと思ったら、富士の樹海に行けばいいのだから自主的姥捨ての選択肢も有るが、後で消防団の人達に迷惑を掛けそうだしな~。

 頭が痛く、尚且つ気分が落ち込んでいる時にはろくな事は考えないから、早く頭痛薬飲んであんまり音を立てない家事でもしよう。

 

 

頭痛が~!

 片頭痛持ちの私、多分頭痛の原因は交通事故由来の部分が多いと思うのだが、東京に越して来てから片頭痛の頻度が高くなった。

 近くの神経内科に通い、片頭痛予防の薬や頓服、色々処方してもらっていたのだが、今年になってからは、眩暈や吐き気もさらにひどくなり半分寝たきり状態で何も出来ない有様だった。

 今年の3月頃、結構重症の風邪をひいたのだが、これも東京に越して来てから喘息になったので、治療に時間がかかり、風邪で処方された薬を長く飲んでいた。

 風邪薬と片頭痛の予防薬、合わせて飲むのも良くないだろうと思い、この際だからと思い、片頭痛の予防薬の方、思い切って薬断ちしてみる事にした。

 風邪薬の中には痛み止めの成分も入っていると思うのだが、風邪が治り、薬を止めたら、体中ひどい痛みである。

 片頭痛の予防用にと処方してもらっていた数種類の薬の中に、痛みを和らげる作用の有る薬も含まれていたのだから当然なのだが、何回も試みて出来なかった薬断ち、この際だからもう少し頑張ってみる事にした。

 数週間したら体も慣れてきたのか、痛みの方は少しずつ軽快してきたのだが、何しろ足が冷えて眠れない。全身の痛みと不眠のダブルパンチではたまったもんではないから、不眠だけでも何とかしたいと思い、血行障害や鬱血を取る作用が有る漢方薬の桂枝茯苓丸を服用してみたのだが、服用したその日から著効が有り、今まで3時間位しか続けて眠れなかったのが、朝まで熟睡できたので驚いた。

 「漢方も馬鹿にしたもんじゃないな~。」と思い、その後、桂枝茯苓丸と、水分循環を改善し、疲れや痛みをやわらげる作用がある防已黄耆湯を合わせて処方してもらったら、一ヶ月の内半分ぐらいは悩まされ続けていた重症片頭痛が、殆ど起こらなくなり、尚且つパンパンに腫れていた足首が3分の2ぐらいの太さになって、今まで如何にむくんでいたかが分かったのだ。

 片頭痛、回数が激減したとは言え、急に気圧が低くなるような日はやっぱり頭痛が起きる。

 土曜日から頭痛で、寝てばかりいたのだが、寝過ぎも片頭痛に良くない。今日はたまらずロキソニンを飲んだが、もう限界で、さっきゾーミッグRM錠とプリンペランを2錠ずつ飲んだ。

 今も何だか吐きそうだが、せっかく飲んだ薬も、もどしたらお終いなので何とか我慢している。

 やれやれ、低気圧の日の頭痛の治し方、誰か教えてくれないかな~!

 

 

 

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

管理人にメールを出す


  • 下のAbot↓をクリックして下さい。 自己紹介欄にメールアドレス載せました。

低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症・むち打ち